自主制作番組基準

ホーム > 自主制作番組基準

高知ケーブルテレビ(株)
自主制作番組・放送番組基準

1984年11月20日 制定
2006年11月20日 改訂
2015年 6月20日 改訂
高知ケーブルテレビ(株)は、地域に根ざした有線テレビジョン機関として、その放送を通して、平和な世界の実現、文化の発展、公共の福祉、産業と経済の繁栄に寄与し、地域の活性化、幸福に貢献していくことを使命とする。
この自覚に基づいて、民主主義の精神に従い、世論を尊び、言論及び表現の自由を守り、放送の責任を果たすことに努めると共に、法と秩序を遵守して地域社会の信頼に応えなければならない。
放送にあたっては、以下の点に留意しながら、番組制作及び編成を行うと共に、即時性、普遍性、多様性等ケーブルテレビ放送の特性を十分に発揮し、この基準を守るものである。
  1. 生活に役立ち、正確かつ有意義な地域情報の提供。
  2. 不偏不党の立場を貫く、正確で迅速な報道。
  3. 公序良俗に反せず、品位を保った健全な娯楽。
  4. 教養、道徳、情操の向上。 
  5. 児童及び青少年に与える影響
  6. 誇張せず、節度を守り、真実に徹した広告。
高知ケーブルテレビが放送する自主制作番組及び広告は次の基本方針によるものとする。

1. 国家、機関

(1) 全ての国家及び国家機関は公平に取り扱う。その威厳を傷つける取り扱いはしない。

2. 国際関係

(1)国際親善を害する恐れのある問題は、その取り扱いに十分注意する。
(2)全ての人種・民族の感情を尊重し、公平に取り扱う。

3. 人権

(1)人権、人格を尊重する。これを軽視するような取り扱いはしない。
(2)個人、団体の名誉を毀損するような取り扱いはしない。
(3)性別、職業、産業、精神的、肉体的特徴等によって取り扱いを差別しない。
(4)精神的、肉体的欠陥に触れなければならない時は、当事者、関係者及び視聴者の感情を刺激しないよう十分に配慮する。
(5)個人情報の取り扱い及びプライバシー侵害には十分注意する。

4. 法・政治

(1)法律を尊重し、その執行を妨げるような取り扱いはしない。
(2)政治に関しては公正な立場を守り、一党一派に偏らないよう注意する。
(3)国際親善の妨げになる放送をしないよう注意する。
(4)現在、国の機関が審理している問題については慎重に取り扱い、正しい法的措置を妨げることにつながらないよう注意する。
(5)経済上の諸問題で、一般に重大な影響、混乱を与える恐れのある場合は、その取り扱いに注意する。
(6)選挙事前運動の疑いがあるものは取り扱わない。公職選挙法に基づく政見放送等については、法律を遵守する。
(7)政治、経済に関する意見は、その責任の所在を明らかにする。

5. 言論

(1)言論及び報道の自由を確保する。また外部のいかなる勢力によっても言論統制は受けず、支配されることはない。

6. 児童及び青少年

(1)児童及び青少年向け番組は、児童及び青少年に与える影響を考慮して、健全な学識と豊かな情操を養う事を目的とする。
(2)児童及び青少年の品格を損なうような言葉や表現は避ける。
(3)未成年者の喫煙、飲酒を肯定するような取り扱いはしない。また、暴力的表現等の児童及び青少年に与える悪影響には十分配慮する。

7. 家庭・社会

(1)結婚制度及び家庭生活を尊重し、これを破壊するような思想を肯定的に取り扱わない。
(2)社会の秩序、安全及び公共の利益を乱すような放送はしない。
(3)人命を軽視する言動は是認しない。また暴力行為は、どのような場合にも肯定的に取り扱わない。
迷信及びこれに類するものは肯定的に取り扱わない。但し、伝説的なものの引用はこの限りではない。

8. 教育

(1)教育番組は、放送の対象者が明確で、その内容が対象者に有益かつ適切でなければならない。
(2)教育番組で、学校向けに放送を行うときは、その内容が学校教育関係法令に準拠するよう努める。
(3)教育番組は、教育的効果を発揚することはもとより、視聴者が興味を失うことがなく、併せて文化水準を高めるものであるよう配慮する。
(4)放送の計画と内容は、予め適当な方法によって視聴対象者が知ることが出来るように配慮する。

9. 教養

(1)教養番組は、視聴者が生活上の知識を深め、一般的教養の向上と豊かな情操の涵養並びに円満な常識を培う番組であるよう努める。
(2)医療及び薬品の知識に関しては、いたずらに不安、焦燥、恐怖、楽観、盲信等の結果を招かないように注意する。

10. 報道

(1)報道番組は、時事を速報、説明し、また時事に関する意見を伝えることを直接の目的とする。
(2)取材、編集は視聴者に誤解を与えることがないよう、一方に偏りのないものにする。
(3)不当な宣伝等に利用されないよう注意する。
(4)ニュースは事実に基づいて報道し、個人の自由を尊重し、名誉を侵害しないよう特に注意する。
(5)ニュースの誤報は速やかに取り消しまたは訂正する。

11. スポーツ

(1)健全なスポーツ精神の育成と健康の向上に役立つようにつとめる。
(2)アマチュアスポーツは、その目的と精神を尊重し、特に少年選手については過度な取材、演出等をしないよう十分に配慮する。

12. 医学

(1)医療及び薬品に関する番組は、専門家の意見を尊重し、専門職業上の基準に則して制作する。取り扱う資料等も、権威ある資料に基づいていなければならない。

13. 宗教

(1)宗教、信仰の自由を尊重し、各宗派の立場を重んじ公正に取り扱う。また、みだりに教義や信仰を否定、中傷してはならない。
(2)特定宗教の為の寄付の募集等は取り扱わない。

14. 表現

(1)放送内容は、放送時刻に応じて視聴者の生活状況を考慮し、不快感を与えないものにするよう努める。
(2)分かり易く適正な言葉と文字の普及に努める。
(3)不快な感じを抱かせる下品、卑わいな表現は避ける。
(4)人心に不当な動揺や不安を与える表現を避ける。
(5)方言や地方特有の慣習を扱うときは、その地方の人々に反感や不快な感情を与えないように注意する。
(6)全ての犯罪行為を、誇大または刺激的に表現しない。
(7)児童や社会的弱者に対する虐待、または違法な性を是認するような表現、描写は慎重に取り扱う。
(8)麻薬や覚せい剤などの乱用は決して肯定せず、魅力的に表現しない。
(9)人命を軽視する言動、描写を是認するような取り扱いはしない。古典または芸術作品についても慎重を期する。
(10)ショッピング番組は、関係法令を遵守するとともに、事実に基づく表示をはっきり分かり易く行い、視聴者の利益を損なわないよう十分に注意する。
(11)サブリミナル的表現手法は使用しない。
(12)細かく点滅する光や映像、更に急激な場面変更、規則性のあるパターン模様の使用等については、別紙「アニメーション等の映像手法について」に準拠し、視聴者の身体への影響に十分配慮する。

15. 広告

(1)広告放送は、関係法令等に反するもであってはならない。
(2)番組と広告放送の区別がつかないような表現方法、描写をしてはならない。
(3)広告放送は違法、虚偽、誇大な表現をしてはならない。広告は真実を伝え、視聴者に利益をもたらすものでなければならない。
(4)その他、2006年11月20日制定の「広告放送の自主基準」を遵守する。

16. 懸賞

(1)懸賞募集では、応募の条件、締め切り日、選考方法、賞の内容、結果発表の方法、期日等を明らかにする。但し、放送以外の媒体で明らかな場合には省略することが出来る。
(2)懸賞番組では応募者または参加者の全てが、公正な審査により、応募者の技能および能力によって受賞するものでなければならない。また、単に射幸心をそそるようなものは取り扱わないよう注意する。

17. 訂正

(1)放送が事実と相違していることが明らかになった時は、速やかに取り消し、または訂正する。
高知ケーブルテレビでは、本自主制作番組・放送番組基準を守り、地域の皆様に愛され信頼される放送番組の制作に努めてまいります。
以上

PAGE TOP