STB仕様一覧表

  TZ-HT3000BW BD-V5700R BD-V570 TZ-BDT920PW TZ-BDT910P TZ-BDW900P TZ-DCH9810 TZ-HDT620PW TZ-HDW610P TZ-HDW600P TZ-DCH2810 TZ-LS300P TZ-DCH820 TZ-LS200P TZ-DCH821 BD-V370L
本体サイズ W360
H59
D265
/mm
W380
H63
D250
/mm
W380
H63
D250
/mm
W430
H60
D250
/mm
W430
H60
D250
/mm
W430
H60
D335
/mm
W430
H60
D335
/mm
W360
H60
D260
/mm
W360
H60
D260
/mm
W360
H60
D260
/mm
W430
H63
D330
/mm
W215
H60
D210
/mm
W280
H60
D291
/mm
W215
H60
D210
/mm
W280
H60
D291
/mm
W270
H68
D284
/mm
内蔵ハードディスク 容量 2TB 2TB 1TB 500GB 500GB 500GB 500GB 500GB 250GB 250GB
参考記録時間 125時間
(4K放送)
最大1204時間
(2K放送)
100時間
(4K放送)
最大2000時間
(2K放送)
1350時間
(15倍録HZモード時)
675時間
(HZモード時)
360時間
(HMモード時)
252時間
(HLモード時)
350時間
(長時間2モード時)
350時間
(長時間2モード時)
23時間
(約24Mbps時)
23時間
(約24Mbps時)
内蔵チューナー数
※1
3 3 3 3 2 2 2 3 2 2 2 1 1 1 1 1
外付けUSB-HDD接続
※2
ディスクドライブ ブルーレイ
(BDXL※3)
/DVD
ブルーレイ
(BDXL※3)
/DVD
ブルーレイ
/DVD
DVD
端子接続 映像出力端子 HDMI
※5
HDMI
※5
HDMI
※5
HDMI
※4
HDMI
/D端子
/AV
HDMI
/D端子
/AV
HDMI
/D端子
/AV
HDMI HDMI
/D端子
/AV
HDMI
/D端子
/AV
HDMI
/D端子
/AV
HDMI
/D端子
/AV
HDMI
/D端子
/AV
HDMI
/AV
HDMI
/AV
HDMI
/D端子
/AV
光音声
i.LINK ※6
SDカード
ムービー再生保存 ※7

(再生のみ)

(再生のみ)

(再生のみ)
番組持出
※9

※9・※10

※9・※10

※8

※8

※8

※9
DLNAホーム
ネットワーク
機能
※11
お部屋ジャンプリンク
※12
サーバ
※13
クライ
アント
ムーブ
※14
放送転送
(DiXiM CATV Player)

(※15)

(※15)
ケーブルDLNA
※16
You Tube
※17
無線LAN内蔵
※18

内臓

市販子機接続

市販子機接続

内臓

内臓
番組名等の
音声読み上げ
※19
※1 TZ-BDT920PWは3番組同時録画可能。TZ-HDT620PWは2番組同時録画+1視聴可能。TZ-HDW610Pは2番組同時録画可能。BD-V5700RおよびTZ-HT3000BWは2K放送の場合は最大2番組同時録画+1視聴可能。BD-V570は別途市販の外付HDDを接続して使用した場合は2K放送の場合は最大2番組同時録画+1視聴可能。4K番組は2番組同時録画できません
※2 USB-HDDはSTBへの登録作業が必要です。(ユーザーメニュー)登録する際、USB-HDDのデータは全て消去されます。登録したSTB以外で録画したコンテンツの再生はできません。STBを交換する場合は、再度USB-HDDの登録作業が必要になります。USB-HDDの推奨機種はパナソニックサポートサイトHPをご覧ください。※BD-V570、BD-V5700Rについては弊社までお問い合わせください。
※3 ブルーレイディスクアソシエーションにより決定された、大容量BDに関する規格です。“BDXL™”は、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
※4 アナログサンセット対応(著作権保護技術(AACS)の規定により、2014年1月以降よりブルーレイディスクに録画された著作権保護コンテンツはアナログ出力禁止になったため、D端子、コンポジット端子はついておりません。)
※5 4K番組を4K画質でご視聴される場合は、Ver.2.0(推奨:Ver.2.1)以上のHDMIケーブルが必要です。
※6 パナソニック製ブルーレイディスクレコーダーやDVDレコーダー、D-VHSビデオデッキなどに接続できます。i.LINK端子を有した場合でも正常に動作しない機器があります。接続動作確認済み機種についてはパナソニックサポートサイトHPでご確認ください。
※7 AVCHD規格のSDXC(TZ-DCH2810、TZ-DCH9810を除く)/SDHC/SDメモリーカードからのダビング(再生のみ対応の機種もあります。上表でご確認ください。)に対応しています。SDHC/SDメモリーカードからの直接再生が可能です。ダビング中は録画や再生ができません。また、HDD/BD-RE/BD-R/DVD-RAM/DVD-RからSDHC/SDメモリーカードへはダビングできません。SDHCメモリーカード、SDメモリーカード、miniSDカード、microSDカードに対応しています。(miniSDカード、microSDカードはそれぞれ専用アダプターを装着して使用してください。そのまま挿入されますと故障の原因になります。)
※8 ワンセグ対応携帯電話器(SD録画対応モデル)で視聴可能。ダビング10の放送以外をSDカードに転送した場合は番組のムーブ(移動)となり、ハードディスク内の番組は削除されます。
※9 スマートフォンなどに録画番組の持ち出しができます。
※10 4K番組は持ち出しできません。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
※11 ご利用にはLAN接続環境が必要です。DLNA, the DLNA Logo and DLNA CERTIFIED™ are trademarks, service marks, or certification marks of the Digital Living Network Alliance.
※12 お部屋ジャンプリンク対応機器でご利用出来ます。お部屋ジャンプリンクとは、AVコンテンツを家中どの部屋でも見る事が可能なパナソニックが提案するリンク機能です。対応機種についてはパナソニックサポートサイトHP「お部屋ジャンプリンク機能(サーバ/クライアント)対応機種」をご確認ください。
※13 別のネットワーク機能を使用中の場合などは、ホームネットワーク機能を使ってクライアント側から再生する事はできません。また、同時接続再生可能台数は機種により異なります。地上・BS・CATVデジタル放送をDLNA対応のパソコンで視聴する場合は別途ソフト購入や機能が必要な場合があります。詳しくはお持ちのパソコンの取り扱い説明書をご確認ください。
※14 市販のUSB-HDDを使用した状態でご利用出来ます。
※15 専用アプリDixim for Technicolor を利用した放送転送・リモート視聴に対応しています。(4K番組には対応していません。)
※16 ケーブルDLNA(運用仕様JlabsSPEC-020準拠)に対応しており、対応機能による市販レコーダー等への録画や、対応機器からの録画ができます。対応機種および対応機能については、日本ケーブルラボHPの「ケーブルDLNA運用仕様」動作確認機器一覧であらかじめご確認ください。(4K放送には対応していません。)
※17 ご利用にはブロードバンド接続環境が必要です。一部ご覧になれないコンテンツがあります。YouTubeおよびYouTubeロゴは、Google Inc.の登録商標です。
※18 無線LANを使用するためには無線LAN機能と市販のアクセスポイントが必要になります。IEEE802.11n(2.4GHz/5GHz同時使用可)の無線ブロードバンドルーター(アクセスポイント)をお選び下さい。なお無線電波状況により、接続できない場合もあります。
※19 番組表の表示中や選局などの操作時に、放送局名や番組名、番組内容を音声で読み上げます。

■パナソニックサポートHP http://panasonic.biz/broad/catv-support/
■日本ケーブルラボ認定審査HP http://www.jlabs.or.jp/judging/
■高知ケーブルテレビHP https://www.kcb.co.jp/