ケーブルテレビ

ホーム > ケーブルテレビ > 導入・工事方法

導入・工事方法

エリアについて

エリアマップ

外線工事については、引込ルートにある電柱の使用承認手続きなどにより、工事まで2ヶ月程度かかる場合があります。

工事実施の流れ

工事実施の流れ

※1 サービスエリア内(裏表紙の地図をご参照下さい)でも、引込ルート・建物の状況等により提供不可の場合がございます。
※2 おもに賃貸物件の場合、オーナー様・管理会社等の意向などで提供不可の場合がございます。
※3 一般契約の工事の多くは、宅外・宅内の2段階の工事になります。
◎ご契約から開通まで、2か月程度を要する場合がございます。
◎高知ケーブルテレビでは、幹線として光ファイバーを使用するFTTH方式を採用しています。

KCBテレビサービス工事例

直付工事

●既設の壁内配線を利用します。
●基本工事料金以外にCATV用ブースター代金等実費が必要となる場合があります。
●各種アンテナの撤去費用は工事費用には含まれておりません。

※既設の宅内配線のケーブルの種類によっては直付工事が困難な場合があります。
※V-ONU設置には、パワーインサータ(PI)用に電源(AC100V)が必要となります。
※宅内配線の状況により、パワーインサータ(PI)の取付場所がいずれかのお部屋の壁端子位置になる場合があります。

単独露出配線工事

●外部から直接、1台のテレビに配線を行う工事です。
●宅内の入線にはクーラーの穴などを利用するか、壁に1箇所15mm程度の穴を開けることがあります。

※V-ONU設置には、パワーインサータ(PI)用に電源(AC100V)が必要となります。

新築・改装時等の施工会社様へのお願い

ケーブルテレビサービス(お客様側工事)

  • 配線方法については、必ず分配器から直接テレビ端子に並列配線してください。途中での中継・分配や、直列ユニットによる送り配線はしないでください。
  • 分配器、テレビ端子はシールドが完全にされているF型接栓(コネクター)の製品をご使用ください。
  • ブースターを設置する場合は、パワーインサータ(PI)の下流側にブースターを設置してください。
  • パワーインサータ(PI)に電源を供給する重畳ラインには、電流通過型の機器をご使用ください。また他の電源重畳機器を混在させないこと、ショートや漏電のないように注意してください。

インターネットサービス(お客様側工事)

  • ONUはパソコンの置いてある室内に設置されます。
  • インターネットをご利用になるお部屋まで配管設備を設置してください。
  • 宅内LAN配線(宅内LANを組まれる場合のLAN配線工事)はお客様側で施工してください。
    ※KCBの工事はONUまでの配線になります。

「ピカラKCB」を伴う工事例

直付工事

単独露出配線工事


工事に必要なもの

●テレビサービス用

V-onu(放送用光受信機)

V-ONU(放送用光受信機)

幅125×高さ198×奥行60mm

光信号に変換されて送信されてきたテレビ信号を電気信号に変換する装置です。

※実物は画像と異なる場合があります。
V-onu(放送用光受信機)

パワーインサータ(PI)
(V-ONU電源挿入機)

幅107×高さ64×奥行33.4mm
電源コードの長さ900mm

V-ONUに電源供給をするための装置です。

※実物は画像と異なる場合があります。

●ピカラKCB用

成端箱

成端箱

幅125×高さ198×奥行60mm

光ケーブルを整理・収納するBOXです。

※実物は画像と異なる場合があります。
ONU(光ねっと用光受信機)

ONU(光ねっと用光受信機)

幅50×高さ200×奥行130mm

光信号に変換されて送信されてきたインターネットデータを電気信号に変換する装置です。
TV(光でんわアダプタ)

TA(光でんわアダプタ)

幅41×高さ161×奥行177.5mm

電話用モジュラーケーブルにて、お持ちの電話機へ接続します。

PAGE TOP

PC版を見る

スマートフォン版を見る