サポート

ホーム > サポート > 降雨減衰について

降雨減衰による映像の乱れについて

降雨減衰による映像の乱れについて

高知ケーブルテレビ(以下KCB)で放送しているBSチャンネルおよび一部のCSチャンネルは、それぞれ放送衛星や通信衛星を経由しています。

しかし、発信地(BS・CS局)および受信地(KCB)の悪天候(夏季:雷雨や集中豪雨、冬季:降雪)により、映像などに乱れが起こることがあります。

降雨減衰による映像の乱れは、ご家庭の機器故障によるものではありません。
BSチャンネルおよび一部のCSチャンネルで使用している衛星電波が、雨粒等によって吸収・反射されて減衰する「降雨減衰」によるものです。

一般的には、受信画面に降雨減衰の影響が出始めるとノイズが発生し、雨が強くなるにつれ、ノイズの量が増えてきます(音声が途切れることもあります)。さらに雨脚が強くなると受信不可の状態になることがあります。

なお、雨脚の非常に強い間の現象のため、雨脚が弱くなるなど、天候が回復すれば自然に復旧いたします。

<降雨減衰の影響を受けるチャンネル>
・BSデジタル放送の全チャンネル
・111ch、701chの一部番組、711ch、713ch、714ch(高知競輪中継を除く)、055ch

PAGE TOP